大阪事業所

安達

[ご挨拶]
現在、超高齢化社会を迎え一人暮らしの高齢者が増え続けています。身寄りのない高齢者が直面する現代社会の壁が多く、生活に支障が多く出ています。
私たちシニア身元保証人協会は福祉的配慮に基づき生前から終焉までサポートさせて頂きます。私たちは利用者と手をたずさえ一緒に歩むことが幸せと思っています。
地域の皆様方と協力しあいながら最高のサービスを提供する「日本一」の身元保証人会社を目指します。
大阪事業所
身元保証認定員 安達貴則

「判断能力」を失う前に
肉親やあなた自身が認知症になったら、日々の暮らしは一変するだろう。認知症の人は周囲との意思疎通が難しいから、買い物などの身の回りのことから財産の管理まで、困難が次々と押し寄せる。こうしたとき、当人に代わって後見人が預貯金の扱いや公的手続きを担うのが「成年後見制度」だ。その利用が進んでいないのだという。推計で2025年には高齢者の5人に1人、合計で約730万人が認知症になるという日本。成年後見制度の利用が低水準で推移すると、社会のほころびはさらに進むかもしれない。
(Yahoo!ニュース 特集編集部より)
「判断能力」を失う前に、元気なうちにシニア身元保証協会にお任せ下さい。