「個別相談会」(予約制)のご案内

一般社団法人シニア身元保証協会では、下記の日程で<身元保証><任意後見制度><遺言信託>に関する「個別相談会」(予約制)を開催します。

個別相談会のご予約フォーム

下記項目にご入力後、送信願います。
※必須は必須入力項目です。

種類※必須
お名前※必須
フリガナ※必須
郵便番号※必須
住所※必須

都道府県 

市区町村 

丁目番地 

建物名  

電話番号※必須
メールアドレス※必須
確認用メールアドレス※必須
お問い合わせ内容※必須

お問い合わせ内容を選択してください。(複数回答可)

 
 
 
 
ご質問・注意事項など
面談ご希望日 ご希望日時をご記入ください。
【第1希望日】
【第2希望日】
【第3希望日】
面談ご希望場所※必須

■個人情報の収集について

協会で業務上取り扱う全ての個人情報(以下個人情報という)は、個人情報保護法その他の法令並びに当社個人情報保護方針その他定められた社内規程に則り適正に管理します。 当社における個人情報の取扱いは、下記の通りとさせていただきますので、内容を予めご同意いただいた上で、ご提供いただきますようお願い申し上げます。

1.個人情報の利用目的
当協会は、お申し込みフォームから取得する個人情報について、以下の目的にのみ利用します。
ご新規入会受付、各種セミナーの申込み受付、サービスへのお問合せ、コンシェルジュアイテムのお申込み、各種資格へのお申込み及びお問い合わせへの回答
個人情報の利用目的を変更する場合には、ご案内文書の送付、電子メール、ファックス等での送信、または個々の自社Webサイト上で別途その旨をご連絡します。

2.個人情報の提供
法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

3.個人情報の委託
利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いを他の事業者に委託しません。

4.個人情報の安全管理
個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

5.個人情報を与えることの任意性について
当社への個人情報のご提供は任意です。なお、必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

6.問合せ、苦情、および相談、開示等の受付・窓口
提供していただいた個人情報については、利用目的の通知、開示、訂正・追加又は削除、利用又は提供の拒否の求めに応じます。お申し出は、以下の窓口にて受付けます。 なお、この方法によらない求めには応じられない場合がありますのでご了承ください。

「個人情報に関するお問合せ先」
非営利徹底型一般社団法人シニア身元保証協会
TEL. 0120-149-777
e-mail. info@senior.or.jp
※随時確認の為、お急ぎの場合はお電話にてお問合せ下さい。

本部長挨拶

本部長 北山 哲也
[資格]
成年後見人ガイド検定
相続診断士
フィナンシャル・プランニング技能士
T-PEC認定プロデューサー
身元保証認定員Ⅱ

私たち「一般社団法人シニア身元保証協会」の設立の強い想いは『すべての高齢者の子であれ、兄弟姉妹であれ』という真心で助け合う気持ちの実践です。
今や「少子・高齢化社会」を象徴する現象として「独居老人」すなわち「ひとり暮らしのお年寄り」に関する問題が我が国の重要かつ緊急の課題となってきております。
何らかの理由によって独居を選択せざるを得ない高齢者は今後も間違いなく増え続けることは間違いありません。
しかし、多くの「独居老人」は仕方なく一人暮らしに追い込まれている、というのが実情なのです。65歳以上の高齢者の1割以上が独居世帯という現実は、詐欺犯罪や孤独死などに象徴される社会問題となっています。これは今後さらに深刻かつ大きな日本の課題となっていくことは確実、いや現実なのです。
誰にも看取られることなく息を引き取っていく独居老人の悲劇は、明日の自分自身の姿である、ということを私たち日本人は強く意識する必要があるのです。ひとり暮らしのお年寄りの多くが非業の死を遂げるような社会を、我々の努力で無くしていくことが最も重要な課題と言えます。
◆日常生活の支援(買物、病院への付添、病気・ケガなどの緊急支援、等)
◆入院・転院、施設への入居、賃貸住宅へのご入居の際の諸手続き代行、身元保証
◆葬儀の手配から納骨までの諸手続きの代行、遺品の整理
これらのお手伝いを柱に、様々な高齢者のお困りごとに真心をもって支えとなる、それが私たち「一般社団法人シニア身元保証協会」なのです。

事業所・セミナー会場

東京事業所

少子高齢化問題は、戦後始まった最大の問題、国難です。記憶に新しい終戦、敗戦を決められない御前会議、結果として無策のままで終戦その犠牲者は?2025年問題は、第一次ベビーブームの1947~49年に生まれた「団塊の世代」と呼ばれる人たちが、後期高齢者となり少子高齢化問題のことです。
例えば、2025年になると、65歳以上の高齢者は日本に3658万人に達すると言われています。これは3人に1人約40%以上が高齢者となる数字です。
高齢者の増加によって、認知症の増加や介護・医療の問題、社会保障の問題、住まいに関する問題などさまざまな問題が2025年に表面化すると言われています。一人暮らしの高齢世帯比率は東京都が最も高いとも予測されております。都市圏での介護の担い手不足や、老老介護や介護疲れによる自殺や殺人などさまざまな問題が増加するのではないかと危惧されているのです。
ご家族ご親族一同様の代わりとなって在宅医療連携拠点事業として、
ご支援させていただきます。

東京本社 新宿野村ビル32階

新宿あんしん相談センター

お客様個別相談室

アクセスマップ

新宿野村ビルへの交通アクセス

電車:新宿駅西口まで地下道で直結徒歩5分
(JR線、京王線、小田急線、都営地下鉄線、成田エクスプレスなど11路線利用可能)
東京メトロ丸の内線西新宿駅2番出口より徒歩3分

東京セミナー会場アクセスマップ

■新宿区立 産業会館(BIZ新宿)

アクセスマップ

新宿区立 産業会館(BIZ新宿)への交通アクセス

東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」下車徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」下車徒歩8分

福岡事業所

人口増加が続く福岡市は、高齢者の数も急増している。平成27年までの5年間の人口増7万5千人を年齢別にみると、生産年齢(15~64歳)は5千人だが、65歳以上は6万1千人に達した。九州最大の都市は、福岡で最多の高齢者が住む街となる。
団塊の世代が、高齢者数を押し上げる。利便性の高さから、退職後も市内にとどまったり、他都市から転入するケースもある。
65歳以上が全人口に占める高齢化率は、上昇の一途をたどる。2025年に24・8%であった。2050年には34・3%と予測される。高齢者の総人数が増える結果、2025年の要支援・要介護高齢者は約10万人、認知症高齢者は約5万5千人と、いずれも14年の2倍となった。
福岡事業所では、医療介護分野の専門家を中心に、行政書士、司法書士、弁護士を始めとする法律の専門家など様々な方々との連携を図りながら行政、地域包括支援センター、病院、居宅支援事業所等の専門家など、お悩みを抱えているご本人様までを対象に、家族や親戚と同じ思いで「花には水を、人には愛を。」をスローガンに手助けをする社会的・経済的な互助組織として、支援が出来るよう頑張って参ります。

JR博多駅

博多区役所

福岡事業所

アクセスマップ

トーカン博多ビルへの交通アクセス

博多駅から博多区役所入口を左1回目の交差点角徒歩4分
博多区役所どうりに面している。
近隣の建物:弊社のビルを拠点に 大博多ビル 博多区役所
福岡市博多保険福祉センター バゼット博多祇園店

熊本事業所

熊本交通センター

熊本県立劇場

熊本事業所

アクセスマップ

第16木上ビルへの交通アクセス

交通センターより車で7分⇒ 県立劇場より徒歩2分 ( 向う正面にアパマンショップ)